LOG IN

帰る旅 より

by Toru Watanabe

 帰る旅

              高見順

 

帰れるから

旅は楽しいのであり

旅の寂しさを楽しめるのも

わが家にいつかは戻れるからである

だから駅前のしょっからいラーメンがうまかったり

どこにもあるコケシの店をのぞいて

おみやげを探したりする

この旅は

自然へ帰る旅である

帰るところのある旅だから

楽しくなくてはならないのだ

もうじき土に戻れるのだ

おみやげを買わなくていいか

埴輪や明器のような副葬品を

大地へ帰る死を悲しんではいけない

肉体とともに精神も

わが家へ帰れるのである

ともすれば悲しみがちだった精神も

おだやかに地下で眠れるのである

ときにセミの幼虫に眠りを破られても

地上のそのはかない生命を思えば許せるのである

古人は人生をうたかたのごとしと言った

川を行く舟がえがくみなわを

人生と見た昔の歌人もいた

はかなさを彼らは悲しみながら

口に出して言う以上同時にそれを楽しんだに違いない

私もこういう詩を書いて

はかない旅を楽しみたいのである

この詩が好きだ。

ホームタウンを離れるとき、この詩を思い出すことがある。

訪ねる先の駅前でしょっからいラーメンみたいな食事ができないものか。

平凡なおみやげをひどく悩んで買い求めようとする中年男がいないものか。

イメージして、イメージして、焦がれるのである。

和多志のはかない旅には、こうした添加物こそが必要なのだ。

あとあとまで保存できるように。

和多志の店じまいまでは鮮度維持に終始していたい。

OTHER SNAPS